院長 挨拶

 

この度、平成30年10月1日より、医療法人愛風会 さく病院 病院長に就任致しました 遠近 裕宣 です。

私は、平成10年4月より、さく病院の外科部門にて診療に従事し、診療部長を経て今回病院長に就任させて頂きました。

さく病院は、昭和5年開院以来、地域住民の皆様に寄り添った医療を提供しております。

今後日本は、後期高齢者人口のピークを迎えます。

それに伴い高齢者に向けた医療、病診連携を行い地域医療機関が協力し急性期から慢性期とそれぞれの役割に応じて医療を提供する

地域包括ケアシステムの構築が重要になると考えています。


したがって当院の役割は

➀ 急性期入院治療後の在宅復帰や施設入所などのその後の生活をふまえた治療

➁ 地域クリニックと連携したいつでも安心して入院治療ができる地域の中核医療機関

➂ 地域住民の皆様のかかりつけ医として、各診療科ごとの充実した外来・入院の治療提供

➃ 重度の障がいがある方や高度な介護が必要な方の慢性期治療ができる入院施設

➄ 健診センター、各健康相談や産業医など地域の予防医療を提供する施設


これらを十分認識し、地域の皆様により良い治療を提供させていただきます。

理事長の方針のもと安心・安全な医療を提供し、病院長交代を大きな転機として職員一同一層努力してまいりますので今後ともご支援を賜りますようお願い申し上げます。




平成30年10月1日 

さく病院 院長 遠近 裕宣 

 

基本方針・さく病院綱領・医療法人愛風会行動計画

2006年8月25日改定

医療法人愛風会は、さく病院綱領に基づき下記の基本方針により活動を実践します。

1.良質で安全なサービスの提供
従事者の専門的知識・技術・人格教養の研鑽を怠らず、事故防止体制を強化し、良質で安全なサービスの提供に努めます。

2.二次病院としての機能の充実
当院は交通の便のいい市街地に位置していること、および診療圏内には診療所と小規模病院しかないことから、
二次病院として当院が地域に果たすべき役割には大なるものがあります。
地域の医療機関と連携しながら、二次病院としての診断・治療体制の一層の充実を図ります。

3.生活習慣病への対応
当院受診者の疾患で最も割合の高いのが生活習慣病です。住民はもとより周辺地域には中小企業が多く存在することも踏まえ、
早期発見、早期治療、疾病予防の取り組みを充実します。

4.高齢者への対応
年々増加する高齢者への対応は地域の切実なニーズでもあります。医療、介護、福祉の連携のもと、リハビリテーションを推進するとともに、
入院・在宅両面からの長期療養への対応を充実します。

5.人権の尊重と個人情報保護
患者様の人格の尊重と個人情報の保護に努め、選択と同意に基づくサービスを提供します。

6.地域への貢献
地域のニーズに常に関心を持ち、医療および健康に関する情報の発信に努め、住民の健康づくり活動を支援することにより、地域の発展に寄与します。

さく病院綱領

(1984年1月1日制定)

健康とは、「よく生き、よく死ぬこと」 であり、 
医学とは、健康を考える学問であり、 
医療とは、健康を守り、増進する活動である。 
さく病院は 、地域とともに、健康を考え、守り、増進することを目的とする。

医療法人愛風会行動計画

職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。 

1.計画期間 平成27年12月1日~平成30年11月30日までの期間 

2.内容

目標1.所定外労働時間のさらなる削減を実施し、平成30年11月30日までに、一人当りの平均所定外労働時間を、月間3時間以内とする。

対策

●平成27年12月 ~ ・過去3年間の部門別所定外労働時間の状況を調査する。 

●平成28年12月 ~ ・一人当り月間10時間を超える部署について、管理者研修と職員研修を実施する。

目標2.育児休業等を取得しやすい環境を作る。産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。 

対策

●平成27年12月 ~ ・職員のニーズの把握を行う。
●平成28年12月 ~ ・制度に関するパンフレットを作成し、職員に配布する。 ・妊娠中や産休、育休復帰女性職員の為の相談窓口を検討する。 

●平成29年12月 ~ ・相談窓口を設置し、職員に周知徹底する。

目標3.平成30年11月30日までに、年次有給休暇の取得をさらに促進し、100%取得の実現をめざす。

対策

●平成27年12月 ~ ・過去3年間の取得状況を調査する。 ・調査結果に基づき、病院の取組を周知徹底する。 

●平成29年12月 ~ ・取得率80%未満の部署は、管理職研修、職員研修を実施する。

当院の歩み

1700年代
元禄~宝暦
朔 見育(1695~1758福岡県春日市須玖在住が、貝原和軒と赤星ト斉のもとで医学を学び、医師となる。以後、代々引き継がれる。
1930年昭和5年朔 元琳が、福岡市博多区竹下にて開業。外科病棟20床
1950年
昭和25年
結核患者受け入れのため増床。75床となる。
1960年昭和35年4月
医療法人となる。理事長・院長に朔 哲二就任。
1961年昭和36年
リハビリ棟新設。病棟増床。221床となる。
1980年昭和55年
頭部CTスキャン導入
1984年昭和59年3月
新館(外来棟・病棟)落成。病院名を「朔病院」より「さく病院」に改称。
第1回病院祭開催。これをきっかけに竹下まつり誕生。翌年より毎年5月に同時開催。

   5月院長に朔 元洋就任。

   7月
理学療法施設基準承認。
第1回健康大学開催。以後、毎年開催。
1985年
昭和60年3月
健診棟落成。健診活動開始。

    8月
木造病棟全面解体により、192床となる。
1986年昭和61年1月
全身CTスキャン導入。
1987年昭和62年4月
院長に朔 寛就任。
1993年平成5年3月全面改築工事(患者環境改築施設整備事業)着工。

平成6年3月全面改築工事(患者環境改築施設整備事業)完成。
MRおよび血管造影装置導入。

   4月患者環境改築施設整備事業により、許可病床数172床となる。
1996年平成8年9月CTスキャン入替。 骨塩測定装置導入。
1997年平成9年12月デイケア・健診センター完成。
1999年平成11年11月介護保険居宅介護支援事業所「ヘルスケアセンター竹下」新設。
2000年平成12年2月介護保険介護療養型医療施設指定。

   3月介護保険短期入所療養介護指定。

   6月「ヘルスケアセンター竹下」を「さく病院ヘルスケアセンター竹下」に名称変更。
2002年平成14年7月回復期リハビリテーション病棟届出。
2004年平成16年4月オーダリングシステム(入院投薬・注射)稼働開始。
2006年平成18年4月亜急性期入院医療管理料(亜急性期病棟)届出。

     6月マンモグラフィー導入。

     7月障害者施設等入院医療管理料(障害者施設病棟)届出。

     9月亜急性期入院医療管理料(亜急性期病棟)増床。
2008年平成20年10月回復期リハビリテーション病棟増床。
2015年平成27年4月地域包括ケア病床開始。
2018年平成30年10月

理事長に朔 寛就任。



院長に遠近 裕宣就任。